銀行でのカードローンは借りやすい?

何かしらのお金がいるときに、消費者金融などで借金をしようとしている人もいるでしょう。これは正直に行っておすすめできません。
理由は金利が高い、ただその一点です。それ以外に関しては、意外と返済方法なども充実していますので、金利が気にならないという人は契約してもいいかもしれません。

しかし、今回おすすめたいのはみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの銀行カードローンです。
銀行も金融機関ですから個人に対するお金の貸付ももちろん行っています。銀行の場合、消費者金融などと異なり融資を行う根拠となる法律が異なります。

街金などは貸金業法、銀行の場合は銀行法となります。銀行法の場合、貸金業法の中にある、融資の限度額を設定している「総量規制」と呼ばれる制限がありませんので収入の3分の1を超える借り入れも可能です。
金利も消費者金融と比較するとかなり安く設定されています。例えばみずほ銀行カードローンで10万を借りた場合は、30日にかかる利息は最も高い利息で借りたとしても1,150円のみになります。
消費者金融ですと10万借りる場合の利息は大抵は18%もしくは18%を若干切るくらいで設定されていますので、銀行カードローンは低金利であることが理解できると思います。

もちろん無限に融資をしてくれるわけではありませんが、それでも多くの金額を貸し付けてくれると言っていいでしょう。銀行のフリーローンの場合、消費者金融よりも数%安くなることがあります。さらに総量規制の対象外になるということで、できればこちらの方をオススメしたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ