司法書士より弁護士に任せる方が良い理由とは

司法書士と弁護士はよく比較される傾向があります。借金に関する問題を何とかする時には、その2者がよく検討されるので、比べられるケースも大変多いです。
それで2択になると、どちらが良いかという問題が浮上するでしょう。弁護士も司法書士も、どちらも良さそうに見えます。
一般的には、弁護士の方が望ましいと言われています。なぜなら交渉に関する強みがあるからです。
そもそも司法書士は、たまに債務整理で失敗する場合があります。なぜなら交渉が難航してしまうからです。
基本的には簡易裁判所で手続きを行う事になりますが、状況によってはかなり難しくなる事もあるのです。金融会社の担当者が経験豊富な時などは、交渉に難航してしまい、地方裁判所に流れてしまう場合があります。そうなると、債務整理の失敗率が大幅に高まるのです。
ところが弁護士の場合は、交渉には非常に長けています。今まで様々な案件を取り扱ってきた弁護士などは、それなりに交渉力も高い傾向があるのです。したがって、却って司法書士よりも成功する確率も高い傾向があります。
これらの事を考慮すると、一応は弁護士に相談する方が無難と言えるでしょう。ただ司法書士によっては、かなりスキルが高い事もありますから、やはりケースバイケースとは言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ