最近のカードローンの特徴

金融業者からお金を借りる場合は、しばしば借入限度額の高さが重視されます。人によっては大きな買い物をする事もあるでしょう。
ところでカードローンには、それぞれ限界金額が決まっています。決して無制限で借りれるサービスではないのです。

契約時には、限度額と呼ばれる数字が決定される事になります。例えば30万と決定された時には、最大30万円までは借りる事が可能なのです。しかし、もちろんそれ以上で借りる事はできません。
それで中には、30万では足りないと考える方々も見られる訳です。大きな買い物を希望する時などは、確かにそれでは不足する事もあり得るでしょう。

基本的にカードローンでの金額は、年収に左右される傾向があります。現在の年収が100万ならば、上記のように30万に限定される事になるのです。原則として年収の3割前後に限定されますから、こういう状況になるのです。しかし、それでは足りない事もあるでしょう。

ところがカードローンによって、借りられる最大額には違いがあります。比較的大きな額で借りれる商品もあれば、その逆もある訳です。
銀行などは、前者のような商品を提供している傾向があります。そもそも銀行は、上記の30%の縛りがありません。あくまでも賃金業者に対して、そういう縛りが適用される事になります。
このため銀行では、かなり多く借りられる場合があります。何か大きな買い物で、ちょっとまとまったお金が必要な時には、銀行で申込を行うと良いでしょう。

逆にカードローンは少額融資のニーズにも対応しています。借入限度額に関わらず、カードローンを千円単位で利用することが出来る銀行カードローンもあります。
昔は各銀行ともに、融資する単位は1万円単位でしたが、顧客サービスの充実を図る為に千円単位で融資をする銀行が増えてきてるのです。実際、千円単位でカードローンを利用することが出来ると、本来は不要な分までお金を借りる必要が無くなりますので、金利も無駄に払う必要がないので利用者にとってメリットがあるサービスです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ