病院で処方される痛み止めについて

病院で処方される痛み止めには様々な種類がありますが、ロキソニンがとても効果があると感じました。

もちろん個人差はあるでしょうが、頭痛はもちろん、喉の痛み、お腹の痛みだけでなく、虫歯の時の歯の痛み、腰痛、膝痛などにも効果がありました。

ロキソニンだけでは根本的な治療にはならないと医師に言われたことはありますが、痛みを緩和すると言うのは、肉体的にも精神的にも非常に重要なことであると患者側として思います。他の薬と併用することで、より効果を発揮するのかなと感じました。

しかし医師から副作用として、胃があれることがあるので、胃薬といっしょに服用して下さいと説明を受けました。私はよくプリンペランといっしょに服用していました。あと常習的に服用していると身体が慣れてしまい、痛み止めとしての効果が薄れると聞きました。

私も薬について全く詳しくないですが、自分自身が服用する薬については必ず医師が説明することをしっかり聞くよう意識しています。痛み止めだけでなく他の薬の事も、知識を深めたいです。

※記事の内容はあくまで「個人の感想」です。薬効を実証するものではありません

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ